運命の人に出会う話

運命の人に出会う話 【あなしん新連載 】1話/1巻 ネタバレと感想 デザート6月号2021

実写版映画にもなった「春待つ僕ら」の著者あなしん先生の新連載がはじまったよ!
どの雑誌で読めるのかな?

デザート2021年6月号で読めます。

あなしん先生の新連載が、どんなお話の内容なのか気になりますよね!?

早速読んでみたので、ご紹介します!(ネタバレ注意)

『運命の人に出会う話』【あなしん新連載 】1話/1巻の情報

雑誌:デザート2021年6月号(2021年4月24日発売)掲載
著者:あなしん
出版社:講談社

『運命の人に出会う話』【あなしん新連載 】1話/1巻のネタバレ

登場人物

本田優貴(ほんだ ゆうき)
田舎から上京して一人暮らし2年目の女子大学生

早苗(さなえ)
優貴の友人
優貴と同じ大学の同級生

伊織(いおり)君
優貴と早苗がクラブで出会った金髪・サングラスの人
歯学部生らしい

カジ君
クラブで伊織君と一緒にいた人
伊織君の高校の時の友達

ネタバレ

優貴の上京1年目は、希望に満ち溢れていてあっという間に過ぎた。
だけど2年目は、一人で過ごす夜が寂しくて心細さを感じていた。

人恋しくて…恋がしたいと思うようになって。

それを大学の友人の早苗に話すと、
早苗:「わっかる!出会いたいよね…切実に!」と同じ気持ちだったみたい。
優貴が出会いを求めて積極的に自分から探しに行こうと思ってることを早苗に言うと、
早苗:「それならめっちゃいいとこあるよ!」と。
ついて行ってみると、なんと…クラブだった。
クラブですぐに声をかけられたりしたけど、優貴は軽いノリについていけなくて疲れてしまった。

そんななかで早苗は、話があう人がいたから友達になったと言う。
優貴は思った…去年は早苗も優貴と同じように田舎から出てきて同類って感じだったのに、いつの間にかきれいになって大人になっていってるって。

早苗の変化に気づいて、優貴も見習って頑張ろうと思った。

気を取り直して、二人で「秘密のサイン」(好きなタイプの人がきた時の合図・苦手な人がきた時の合図)をきめて待っていたら、二人組に声をかけられた。
優貴についた男(伊織君)の方は、今までで1番苦手なタイプ(金髪でサングラスかけてて怪しい!?)で絶対話しが合わなそう。

優貴が頑張って話しかけるものの、「男漁りにきたのか」と言われてしまう。
そんな言われ方をされた優貴は、この男とは絶対に無理だと思って早苗に苦手な人がきた時の合図をしようとするが…早苗の方(カジ君)は好きなタイプだったみたいで合図が出来なくなってしまった。

その後は早苗はカジ君と楽しく話していたけど、優貴は酔っ払った伊織君に水を持っていったりして介抱してただけだった。

クラブ初体験を終えて、早苗はクラブに行って良かったと言う。
てっきりカジ君に出会えて良かったと言っているのかと思ったら、伊織君のことで…。
伊織君は顔もかっこいいし、歯学部生だと言う(カジ君からの情報)。
優貴にとって伊織君の第一印象は悪い。酔っぱらってたし、連絡先の交換なんてしていないと言うと、
早苗:「そこはしといてよーっ 未来の歯科医達と繋がれるチャンスでしょー!?」と残念そうに叫んだ。

(カジ君から早苗経由で)優貴は伊織君がクラブで介抱させたことを謝りたいと言っているのを知った。
そして優貴は伊織君と電話で話すことになって…

『運命の人に出会う話』【あなしん新連載 】1話/1巻の感想

等身大の一人暮らし女子大学生のお話ですね。
私も大学生の頃のことを思い出してしまいました!
いくら大学で友達が出来ても、毎日家に呼んでワイワイしてるわけじゃない。
昼間は学校だけど、夜は一人暮らしの部屋にひとり。
優貴と同じように、寝るときってさらに孤独を感じてました。
だから優貴のようにテレビをみたりマンガを読んだりして夜ふかししてましたね。
夜中にコンビニに行ったりして…これは振り返ってみても不用心すぎる。
危機管理能力ゼロですね、真似しちゃダメですよ!

人の出会いって限られてる。
その出会ったなかで合う人と合わない人って取捨選択もする。
恋人に限らず、心の支えになるような人ってなかなか出会えないと思う。
出会えたら、それこそ優貴の言う運命の人に間違いなし!

優貴の運命の人は…伊織君かな?
匂わせてた感じがするので、どう展開するのか楽しみですね!

「運命の人に出会う話」2話の掲載は、デザート2021年7月号(2021年5月24日発売)です