トレンド

YA-MAN(ヤーマン)格闘家の本名や出身大学は?キックボクシングの戦績も調査!

大晦日に行われるRIZINで、皇治さんの対戦相手が注目されてます。

その対戦相手がRIZIN初参戦のYA-MAN(ヤーマン)さんです。

RIZIN初参戦だけあって、 YA-MAN(ヤーマン)さんのことをよく知らない方も多いのではないでしょうか?

YA-MAN(ヤーマン)さんの本名や出身大学などプロフィールが気になりますよね?

キックボクシングの戦績についても調べました!

YA-MAN(ヤーマン)格闘家のプロフィールは?

YA-MAN(ヤーマン)は、大学でキックボクシング部に入ったのをきっかけにキックボクサーとして活躍しています。

現在は所属事務所のTARGET SHIBUYAで、スタッフとして働きながらキックボクサーの活動をしているようですね。

YA-MAN(ヤーマン)格闘家の本名や年齢

本名:杉山怜(すぎやま れん)

年齢:1996年5月31日生まれの25歳

YA-MAN(ヤーマン)格闘家の身長や体重や血液型

身長:173cm

体重:62.0kg

血液型:O型

YA-MAN(ヤーマン)格闘家の出身地や所属事務所

出身地:埼玉県富士見市

所属事務所:TARGET SHIBUYA

YA-MAN(ヤーマン)格闘家の出身高校や出身大学

出身高校:富士見高校

出身大学:東海大学工学部 建築学科

YA-MAN(ヤーマン)格闘家のキックボクシングの戦績は?

YA-MAN(ヤーマン)のキックボクシング人生は、大学のキックボクシング部に入ったことが始まりなので、そのころからと今までの戦績を時系列でまとめました。

RIZINの榊原代表は、 2021年11月14日に中村寛に勝つまではYA-MAN(ヤーマン)のことを知らなかったようです。

中村寛に勝って非常に注目を浴びてることがわかります。

東海大学キックボクシング時代

  • 2016年6月19日「全日本男子キックボクシング選手権大会」東洋大2年・黒木翔平選手に判定勝ち(2-0)。団体賞で優勝。
  • 2016年12月「KAMINARIMON全日本トーナメント」1回戦KO勝ち、2回戦判定負け。
  • 2017年3月19日「第17回 J-NETWORK アマチュア全日本選手権大会~春の陣~」ライト級(-62㎏)で優勝。敢闘賞を受賞。

2021年12月現在の戦績 12戦9勝3敗(3KO)

  • 2018.02.04、澤谷大樹選手とのプロデビュー戦を2-1で判定勝ち
  • 2018.05.25、RISING ROOKIES CUPフェザー級(-57.5kg)一回戦 知泉選手 1R KO勝ち
  • 2018.07.17、RISING ROOKIES CUPフェザー級(-57.5kg)準決勝 甲斐康介選手 判定勝ち(2-1)
  • 2018.11.02、RISING ROOKIES CUPフェザー級(-57.5kg) 決勝戦 澤谷大樹選手 3R判定負け
  • 2019.02.03、 フェザー級(-57.5kg)門口佳佑戦 3R判定負け
  • 2019.05.19、-58.5kg契約 YUU 3R判定勝ち
  • 2019.12.22、Stand up vol.1 -60kg 斉藤遼太 3R判定勝ち
  • 2020.09.04、ライト級(-63kg)仙 一 3R判定勝ち
  • 2021.02.28、-62kg契約 平塚大士 3R判定負け
  • 2021.05.16、 RISEonABEMA 特別マッチ -63kg契約 山口侑 2RKO勝ち
  • 2021.09.23、オープンフィンガーグローブマッチ ライト級(-63kg)北井智大 1RKO勝ち
  • 2021.11.14、ライト級(-63kg)中村寛 3R判定勝ち

まとめ

YA-MAN(ヤーマン)さんのプロフィールや戦績を調べました。

今年は勝ちが続いていて、中村寛さんにも勝って今乗りに乗っている状態です。

大晦日のRIZINで、 YA-MAN(ヤーマン)さんが皇治さんに勝つ可能性は大いにありますね。

これからの活躍に大注目です!