お出かけ

塩船観音寺つつじまつり2022の開花状況(見頃)は?アクセスや駐車場の混雑状況に料金も調査!

塩船観音寺には、約20種類2万本のつつじが植えられています。

早咲きから遅咲きのものがあるので、長い期間楽しめそうですね。

塩船観音つつじまつり2022の開花状況や見頃、アクセスや駐車場の混雑状況に料金も調べました。

塩船観音寺つつじまつり2022の日程・場所・時間・入場料は?

塩船観音寺つつじまつり2022の行事日程は、4月8日(土)からはじまり5月上旬まで行われるようです。

しかし4月初めでは、まだまだつつじは咲いていません。

塩船観音寺つつじまつり2022では、4月20(水)から入山料を徴収するということなので、この日あたりからつつじを楽しめるみたいです。

いつまで入山料を徴収するのかはわかりませんでしたが、つつじを楽しめる期間は年によってまちまちなので、開花の様子を見て決めるのだと思われます。

場所:塩船観音寺 〒198-0011 東京都青梅市塩船194番地

開園時間:午前8時~午後5時

入山料

  • 大人(中学生以上)300円
  • 小人(小学生)100円
  • 団体(20名以上)250円

※本堂は別途拝観料(100円)が必要です。

塩船観音寺つつじまつり2022のアクセスは?

塩船観音寺つつじまつり2022には、電車やバスなどの公共交通機関や、車で行くことができますね。

電車・バスを利用して行く場合は、

  • JR青梅線河辺駅下車
    →西東京バス・都バス/塩船観音入口下車し、徒歩10分

※2022年4月29日から5月5日の間、開花状況によって変わるそうですが「河辺-塩船観音寺」直通の臨時バスがあるそうです。

車を利用して行く場合は、

  • 圏央道・青梅インターより約10分

塩船観音寺つつじまつり2022の駐車場の混雑状況や料金は?

塩船観音寺つつじまつり2022の駐車場は、「第一駐車場」「第二駐車場」「明王院駐車場」(約200台)があります。

「第二駐車場」は、つつじまつり期間中は大型バス専用駐車場となります。

また、つつじまつり期間中は混雑状況により「第三駐車場」「第四駐車場」を開放するそうです。

塩船観音寺の管轄の駐車場では、袢纏を着ている誘導員がいるそうなので、それ以外は管轄外の駐車場となります。

駐車場料金

  • 普通乗用車 700円
  • オートバイ 200円
  • マイクロバス 1,500円
  • 大・中型バス 2,000円

※普段は駐車場料金は無料ですが、つつじまつりの開催中は有料となっています。

混むのが予想されるのが、

  • 日曜日
  • ゴールデンウィーク
  • 再混雑時間帯:10:00~15:00頃

5月3日(火)に例年行われる火渡り荒行があり、もっとも混雑すると思われます。

しかし、今年は当日午前9時より整理券が配布され、500名までの人数制限をして火渡りを実施する予定とのこと。

いずれの日も早目に出かけたほうがよさそうですね。

塩船観音寺つつじまつり2022の開花状況や見頃は?

つつじの見頃は、一般的に4月下旬~5月中旬にかけてだそうです。

塩船観音寺つつじまつり2022の4月20日の様子をみるかぎり、まだ開花の量が少ないですね。

ちょうどゴールデンウィーク期間中が見頃になりそうです。

まとめ

塩船観音寺つつじまつりは、すり鉢状になった斜面一杯に咲くつつじがとても美しい景色ですね。

季節を感じる瞬間でもあるので、是非とも見たいものです。

お出かけの参考になれば嬉しいです。