トレンド

秋山成勲の戦績・階級や入場曲に年収は?実家の両親や姉弟に出身中学も調査!

2022年3月26日にONE Championshipの10周年大会で、奇跡の対決『ONE X 「AOKI VS AKIYAMA」』が行われます。

青木真也選手と秋山成勲選手の因縁対決が注目を集めていて「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて、有料独占生中継されます。

秋山成勲さんのことがもっと知りたくて、戦績・階級や入場曲に年収、実家の両親や姉弟に出身中学も調べました。

秋山成勲の年齢や身長や読み方などのwikiプロフィール

秋山成勲さんは、あきやま よしひろ と読みます。

秋山成勲さんは、1975年7月29日生まれの46歳です。(2022年3月現在)

大阪府大阪市生野区出身です。

身長は177cmで、体重は77kgです。

大阪府大阪市生野区に在日韓国人四世として生まれ、父親の影響で3歳より柔道を始める。

近畿大学を卒業後に韓国へ行き、市役所に勤務しながら韓国代表としてオリンピック出場を目指すが困難を極めたため断念し日本へ帰国。

2001年に帰化して日本国籍を取得し、秋山成勲に改名。

2004年にフリーのプロ格闘家として活動し、K1に参戦。

現在は、シンガポールを拠点とする総合格闘技、ムエタイ、キックボクシング団体「ONE championship」を主戦場としている。

秋山成勲の出身中学・高校・大学は?

秋山成勲さんは、大阪市立大池中学校を卒業したのではないかと言われています。

そして高校は、大阪市天王寺区にある清風高校に進学し、柔道一筋の学生生活だったようですね。

大学は、近畿大学に進学しています。

秋山成勲の戦績や階級は?

秋山成勲さんの戦績は、24試合15勝7敗です。

反則行為によってノーコンテストになっている試合が2試合ありますね。

意外と今まで戦った試合も少なく、試合数の割に負けが多い気がします。

ヌルヌル事件として話題になった桜庭和志さんの試合から現在までをご紹介します。

  • 2006年12月31日、桜庭和志
    ノーコンテスト(秋山の反則行為)
    K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!

  • 2007年10月28日、デニス・カーン
    1R 4:45 KO(右アッパー)勝ち
    HERO’S KOREA 2007

  • 2007年12月31日、三崎和雄
    1R 8:12 ノーコンテスト(三崎の反則行為)
    やれんのか! 大晦日!

  • 2008年7月21日、柴田勝頼
    1R 6:34 袖車絞め勝ち
    DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦

  • 2008年9月23日、外岡真徳
    1R 6:26 腕ひしぎ十字固め勝ち
    DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦

  • 2009年7月11日、アラン・ベルチャー
    5分3R終了 判定2-1勝ち
    UFC 100

  • 2010年7月3日、クリス・リーベン
    3R 4:40 三角絞め負け
    UFC 116: Lesnar vs. Carwin

  • 2010年10月16日、マイケル・ビスピン
    5分3R終了 判定0-3負け
    UFC 120: Bisping vs. Akiyama

  • 2011年8月6日、ビクトー・ベウフォート
    1R 1:52 KO(左ストレート→パウンド)負け
    UFC 133: Evans vs Ortiz

  • 2012年2月26日、ジェイク・シールズ
    5分3R終了 判定0-3負け
    UFC 144: Edgar vs. Henderson

  • 2014年9月20日、アミール・サダロー
    5分3R終了 判定3-0勝ち
    UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson

  • 2015年11月28日、アルベルト・ミナ
    5分3R終了 判定1-2負け
    UFC Fight Night: Henderson vs. Masvidal

  • 2019年6月15日、アギラン・ターニ
    5分3R終了 判定0-3負け
    ONE Championship: Legendary Quest

  • 2020年2月28日、シェリフ・モハメド
    1R 3:04 KO(右フック)勝ち
    ONE Championship: King of the Jungle

秋山成勲さんの階級は、もともとミドル級(83.9kg以下)だったようですが、2012年2月26日に日本で開催されたUFC 144でウェルター級(77.1kg以下)に転向してジェイク・シールズと対戦しています。

そしてONEでは水抜き禁止の独自の階級システムがあり、20年2月にシェリフ・モハメドに勝った試合ではONEウェルター級(※水抜き禁止の83.9kg)で戦っています。

今回の青木真也さんとの試合では、前戦から約2年ぶりの試合であり、青木真也さんの階級に合わせて契約体重はONEライト級(※水抜き禁止の77.1kg)に階級を落として試合をするとのこと。

秋山成勲さんは、普段の体重が90kgを超えるそうなので「これだけ落としてやるのは初めて」と言っているとおり、過酷な減量となりますね。

体力を維持したまま、そこまでの減量が出来るのかも注目するポイントですね。

秋山成勲の入場曲は?

秋山成勲さんの入場曲は、Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)の 「Time to Say Goodbye」です。

この曲はPRIDEの試合でも使われたそうです。

格闘技とは合わないような気がしますし、秋山成勲さんのイメージにも合わない気がしますがどうなんでしょうね。

秋山成勲の年収は?

秋山成勲さんの年収は、公表もありませんし、わかりませんでした。

しかし試合もあまりしていませんが、ONEからのファイトマネー以外にも契約更新時の契約金なども入ってくると思われます。

ファイトマネーも1000万円を超えているみたいですね。

またスポンサーも多くついているので、スポンサー収入もあるのではないでしょうか。

格闘技以外にも、芸能活動もしていて韓国ではとても人気があり、複数のCM出演や番組に出ています。

これらを踏まえると、年収は億を超えているのかもしれませんね。

秋山成勲の実家の両親や姉弟は?

秋山成勲さんは、父親(チュ・ゲイ)、母親、妹(チュ・ジョンファ)の4人家族です。

秋山成勲さんの兄妹の関係が、姉(妹さん)と弟(成勲さん)と思われているようですが秋山成勲さんがお兄さんです。

秋山成勲の両親は、今も大阪に住んでいるようで、成勲さんもよく実家に帰省しているみたいですね。

ご両親と旅行に行ったり、母親とはよくデートと称して、美容クリニックへ行ったりと、とても親孝行しているみたいです。

妹のチュ・ジョンファさんは、歌手を目指したこともあり韓国の人気番組『K-POP STAR』に出演したこともありました。

現在は2015年に結婚しています。

まとめ

秋山成勲さんは、最近ではあまり試合に出ておらず、韓国での芸能活動の方が多かったようですね。

約2年ぶりの試合が青木真也さんとの試合ですし、過酷な減量もあれば年齢も46歳と、随分厳しい状況のように思えます。

万全の体制で試合には望むと思われますが、青木真也さんの方が優勢に見えますね。

どのような試合になるのか見逃せません。

これからも秋山成勲さんに大注目です。