トレンド

青木真也の戦績や強さに年収や入場曲は?rizinにでない理由に骨折り試合についても調査!

2022年3月26日にONE Championshipの10周年大会で、奇跡の対決『ONE X 「AOKI VS AKIYAMA」』が行われます。

青木真也選手と秋山成勲選手の因縁対決が注目を集めていて「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて、有料独占生中継されます。

青木真也さんのことがもっと知りたくて、戦績や強さに年収や入場曲、rizinにでない理由に骨折り試合についても調べました。

青木真也の年齢や出身や身長などのwikiプロフィール

青木真也さんは、1983年5月9日生まれの38歳です。(2022年3月時点)

静岡県静岡市出身です。

身長は180cmで、体重は70kgです。

小学生の頃から柔道を始め、2002年早稲田大学一年時に全日本ジュニア強化選手に選抜される。

もともと投げ技を得意としていなかったため、柔道から総合格闘技に転身。

「修斗」ミドル級世界王座を獲得。

大学卒業後に安定を求め静岡県警に就職するも、格闘技が自身にとってどれだけ大切かを実感し、2カ月で退職を決め、再び総合格闘家の道へ進み生きていくことを決心。

そして「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級チャンピオンに輝く。

青木真也の戦績や強さは?

青木真也さんの戦績は、総合格闘技では56試合47勝9敗です。

多くの試合で戦っているので、RIZINに1試合のみ参戦した試合からご紹介します。

  • 2015年12月29日、桜庭和志
    1R 5:56 TKO(タオル投入)勝ち
    RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS

  • 2016年11月11日、エドゥアルド・フォラヤン
    3R 0:41 TKO(右跳び膝蹴り→パウンド)負け
    ONE Championship 49: Defending Honor【ONE世界ライト級タイトルマッチ】

  • 2017年11月24日、ベン・アスクレン
    1R 0:57 TKO(パウンド)負け
    ONE Championship 65: Immoral Pursuit【ONE世界ウェルター級タイトルマッチ】

  • 2018年5月18日、ラスール・ヤキャエフ
    1R 3:15 トライアングルチョーク勝ち
    ONE Championship 73: Unstoppable Dreams

  • 2018年7月27日、シャノン・ウィラチャイ
    1R 2:16 TKO(ドクターストップ)勝ち
    ONE Championship : REIGN OF KINGS

  • 2018年10月6日、イブ・タン
    1R 0:57 肩固め勝ち
    ONE Championship 80: Kingdom of Heroes

  • 2019年3月31日、エドゥアルド・フォラヤン
    1R 2:13 肩固め勝ち
    ONE Championship :A NEW ERA【ONE世界ライト級タイトルマッチ】

  • 2019年5月17日、クリスチャン・リー
    2R 0:51 TKO(パンチ連打)負け
    ONE Championship 96: Enter the Dragon【ONE世界ライト級タイトルマッチ】

  • 2019年10月13日、ホノリオ・バナリオ
    1R 0:54 ダースチョーク勝ち
    ONE Championship: Century Part 2

  • 2020年9月11日、江藤公洋
    5分3R終了 判定3-0勝ち
    Road to ONE 3rd Tokyo Fight Night

  • 2021年1月22日、ジェームズ・ナカシマ
    1R 2:42 リアネイキドチョーク勝ち
    ONE Championship 126: Unbreakable

  • 2021年4月28日、エドゥアルド・フォラヤン
    1R 4:20 腕ひしぎ十字固め勝ち
    ONE on TNT 4

青木真也さんの強さは、56試合中9試合しか負けていないところでもわかりますね。

シンガポールの総合格闘技団体のONE championshipを主戦場にしている青木真也さんは、第2代・第6代のライト級王者にもなっていて、2度も王座についています。

またRIZIN初代ライト級チャンピオンのホベルト・サトシ・ソウザ選手が「日本で1番のグラップラーはShinya-Aoki」と発言するほどに寝技の強さに定評があります。

それと対照的に負けた9試合のうち、7試合がKO/TKOで負けているということは打撃による弱さも表しているのではないでしょうか。

打撃を回避して寝技にもっていけたら無敵かもしれませんね。

青木真也の年収は?

青木真也さんの年収は、公表されていないので分かりませんでした。

ONEは基本的に複数年契約みたいですね。

詳細はわかりませんが、ファイトマネーとは別に契約更新時に契約金が発生するみたいですよ。

青木真也さんは、2019年10月に株式会社青木ファミリーを設立していますし、noteで定期購読マガジンもしています。

仮想通貨をしているとも噂がありますし、自身の本も出版しています。

格闘技をいつまでやれるのかも考えて、複数箇所から収入が得られるようにしているのでしょうね。

プロ野球選手やプロサッカー選手に比べれば、格闘技のファイトマネーはかなり少ないようですね。

しかし青木真也さんの今までのファイトマネーを合計すれば、もうすでに数億は稼いでいるのではと噂されています。

青木真也の入場曲は?

青木真也さんの入場曲は、ウルフルズの『バカサバイバー』です。

『バカサバイバー』を選曲した理由は、「テンポがいい」という理由だけで選んだそうです。

  • すぐに入場できること

  • 入場曲を変えてはいけない(自身の戦いの時間が始まったと印象付けるため)

という2つのポイントが入場曲には重要と考えているそうですよ。

青木真也のrizinにでない理由は?

青木真也さんは、RIZINへの出場は過去に1度のみです。

2015年12月29日に開催した桜庭和志選手との戦いですね。

RIZINへの出場は、それ以降実現していません。

青木真也さんは、RIZINへ出場したいと受け取れるような発言もしていましたが、ONEとの契約中のため現実的に形にするには難しいのかもしれません。

ONEで試合が組まれないことに不満を持った経緯で、そんな発言をしてしまったのでしょう。

実際に青木真也さんから、RIZINに出たいと言われたことがあるとRIZIN代表の榊原さんも認めています。

ONEとの契約を終わらせてから来て、とはねのけたそうですが。

それが最近になって青木真也さんがRIZINに参戦することが実現しそうな話になっています。

RIZIN代表の榊原さんが、RIZINライト級王者ホベルト・サトシ・ソウザ選手の対戦相手として参戦交渉しているそうですね。

「ONEとの契約をクリアして、ピンポイントでサトシの対戦相手としてマッチアップしたい」とまでRIZIN代表の榊原さんが発言しているので、RIZINへの参戦が現実味を帯びてきました。

青木真也の骨折り試合とは?

青木真也さんの骨折り試合とは、2009年の「Dynamite!!」で戦った廣田瑞人選手との試合です。

廣田選手の右上腕を極めて一本勝ちしました。

その結果、廣田選手は骨折したのですが、その負けた廣田選手に向かって「中指を立てる」というパフォーマンスをしたのが物議を醸しました。

対戦相手と試合前は散々罵ったり、煽ったり、睨みつけるような行為をしますが、試合が終わるとハグしたりして、いいファイトだったと相手を称える行為をする選手が多いように思います。

そのなかでの青木真也さんのこのパフォーマンスですが、青木真也さんなりの考えがあって「散々罵り合っていた二人が試合後に握手をしたら、ダマされた気持ちになる」と取材で言っています。

だから徹底的に青木真也さんはヒールターンをしたのでしょう。

青木真也さんは、格闘家は戦っているだけじゃダメだと、格闘技はスポーツじゃないんだから芸事じゃないといけないとも言っています。

そういう意味で、廣田選手との試合はいい終わり方だったと思っているそうですよ。

まとめ

青木真也さんは今までの試合数も多く、負けた試合も少ないので、かなり強い選手だということがわかりました。

考え方も独特で個性的なゆえ、批判や反発も多い印象ですね。

秋山成勲選手との戦いは以前から望んでいた試合でもあり、やっと実現したのでかなり盛り上がるに違いありません。

これからも青木真也さんに大注目です。